アダルトアフィリエイト法律完全ガイド。

safwrg3wgeh4ry35wrg

アダルトサイト運営は警察への届け出は必要なのか?

基本的には必要ありません。しかし自分自身のサイトで商品を販売してユーザーからお金を貰うサイトの場合は警察に届け出が必要です)

ですので、有料サイトを紹介するタイプのアダルトサイトなどは得に必要な手続きはありません。また自分の画像を販売するとしてもFC2コンテンツマーケットなど、決済行為を自ら行っていない場合は届け出がいらず、通常サイトと同様に運営が可能です。

注意が必要なのは無修正画像を取り扱い方

基本的に注意する点は一般のアフィリエイトと違いはありません。しかし無修正画像の公開については日本では禁止されていますので注意が必要です。

具体的には自分のサイトで、無修正画像、動画が公開されている状況が違法とされます。モザイクが必要な場所は局部のみです。(ペニス、ヴァギナはNG、アナルや乳首はOK。)

児童ポルノには細心の注意を

しかし修正しているからと言って児童ポルノに該当する作品を公開するのは絶対にNGです。

また児童ポルノの該当基準というのが『18才以下で静的な興奮を刺激する画像、動画』という非常に曖昧な基準になります。

ですので、例え水着などを着用していても明らかに性的興奮を刺激するものに関しては基準に該当してしまうので注意が必要です。ただしDMMなどで販売されているようなジュニアアイドルの動画や画像については一応基準を満たしているという前提で販売されていますので問題ありません。

また、二次元に関しては今のところ規制の対象にはなりません。またモデルが18以上であれば設定が18才以下でも児童ポルノには該当しません。

具体的な事例で解説するアダルトサイト運営の法律。

200537252-001
自分のサイトに掲示板を設置してそこに無修正画像や、児童ポルノなど違反な動画、画像が投稿された場合は?
アウトです。自分が運営しているサイトには管理責任が発生しますので、違法なコンテンツが公開された状況を放置することは許されません。

ですので、ユーザー参加型のサイトを運営する場合には注意が必要です。

自分のサイトで無修正サイトのリンクを掲載した場合。

問題ありません。例外もありますが、基本的に自分のリンク先というのに責任が発生することはありません。

もしこれが罪に問われるというのであればYahoo!やGoogleは検索で引っかかるサイト全てにリンクしている状態なので、真っ先に違法性が問われてしまいます。

海外のサーバーを契約して、日本で無修正サイトを運営した場合。
アウトです日本で運営していることが問題です。サーバーの場所は関係ありません。

しかし、自分自身海外に在住し海外サーバーを契約して無修正サイトを日本人向けに運営する場合は問題ありません。月額アダルトサイトなどはこのスタイルになります

自分のサイトの中で埋め込み動画で無修正動画を配信している場合。
アウトです埋め込みであっても、自分のサイト上に物理的に無修正動画が表示されている状況が問題になります。

FC2やエックスビデオなどは自分のサイトに動画を簡単に埋め込むことが出来ますが、注意が必要です。

The following two tabs change content below.