オンラインカジノで逮捕者発生。利用&アフィリエイトはどうなるの?

Image 1

アダルトアフィリエイトをやっている人は、オンラインカジノアフィリエイトに興味がある方も少なく無いのではないでしょうか?

実は管理人も全く稼げていないのですが、ASPに登録してありますので、オンラインカジノのプレーヤーに逮捕者が出たというのは無関係の話ではありません。

正直、ちょっと畑違いの分野であるので、なんとも言えない部分もあるのですが、オンラインカジノASPのサムライクリック様から、見解のメールを頂いたので共有したいと思います。

以下、ASPからのメールを抜粋

3月10日に報道各社から配信されたニュースに関しまして、サムライリックの見解をお届けいたします。

アフィリエイター様としては、今回、このようなニュースが初めて配信されたことで、ゲーミングサイトへ日本人プレイヤー様を紹介する行為。

すなわち、ゲーミングアフィリエイト自体

・法的に問題あるのか?
・今後も続けて大丈夫なのか?
・どのような影響が出るのか?

という、不安があると思います。そこで、サムライクリックでは、提携をしている各カジノプログラム様とも連絡を取り、サービスとしての見解などを求めている最中です。

その中で、ベラジョンカジノでは、日本のアフィリエイター様の置かれている状況を、大変心配しており、いち早く、この件に対して回答を得られましたので、こちらにまとめさせていただきます。

ベラジョンカジノが株式を上場している企業。

というのは、サムライクリックでも、これまでにお伝えしております。

それだけにベラジョンカジノは、投資家様などの利害関係者も多く、社会的責任を負っております。

具体的には

・厳しい上場審査
・法律上の規定
・コンプライアンスを経た体制

など、嘘偽りない報告の元、経営をする責任があります。その上で、上場企業は経営の舵取りをして、何か重大なミスがあった場合、株式の価値が下がってしまい、投資家様に多大な損失を被らせてしまいますので、新たな展開には慎重になります。

例をあげますと、今回の日本市場の進出がいい見本となります。

もし、国際的にオンラインカジノが違法だと、判断されている国に強行して進出し、それが問題になった場合、重大な経営上の責任につながります。

そのため、ベラジョンカジノでは日本進出の際には、日本人プレイヤーを受け入れるにあたり、厳密な日本市場の法律状況の精査を受け、運営者および、プレイヤーに対しても違法性となる証拠はない。

という、結果を受け、進出した経緯があるようです。

また、今回の3名に逮捕状が出たことに関しては、ベラジョンカジノとは関わりのないカジノのため、具体的な内容までは分わからないとしたうえで、

賭博法の解釈を超越したものだと捉えているようです。

また、もしも法的な問題に発展したとしても、ベラジョンカジノの正当性をアピールする体制も整っているとのことです。

話は、ベラジョンカジノから変わりますが、サムライクリックとしても、運営当初から、ゲーミングアフィリエイトに対しての法律に関しても充分にチェックをし運営をしております。

また、ベラジョンカジノの見解でもある通り、違法ではないビジネスの集客を行っておりますので、アフィリエイター様の活動が、法的に問題ないと判断をしております。

そのため、サムライクリックとしても、ベラジョンカジノの法的な正当性を支持する立場として、引き続き、応援をしていきたいと考えております。

なお、今回のニュースで話題になりましたカジノサイト自体、サムライクリックとも提携をしておりませんので

・どのような資金の流れだったのか?
・どのような運営を行っていたか?
・実際、本当の問題は・・・?

など、詳細は分かりませんが、サムライクリックと提携をしているプログラムは、社会的に信用もあり、健全なプログラムとなっております。

また、他のカジノ様へも見解を求めておりますので、届き次第、そちらもご紹介いたします。

The following two tabs change content below.

コメントを残す