長文が上位表示されるって本当?なぜ?から考えるSEO対策。

Image 8

SEOの仕組みを説明するよりも、サイトを作って行く上で、浮かんで来る疑問に答えた方が、より本質的な部分を解説出来るかな?

という事で、本日はSEOで良くありがちな疑問。『上位表示するには長文の方が有利なのか論争』について解説して行きたいと思います。

結論。基本的には上位表示に長文は有効。

結論から言えば、基本的には上位表示に有効です。だから、皆さんサイトを作る際には出来る限り長く文章を書きましょう!

というお話では全く解説する意味がありませんね。実際闇雲に文章量を増やしただけの記事では意味がありません。

何でもそうなのですが、答えでは無く『なぜ?』の部分こそ本当の意味があります。ですので『なぜ?』の部分を深掘りして行きます。ポイントは主に二つあります。

ポイント1網羅性 なぜ上位表示には長文記事が有効なのか?

いったんSEOの事は忘れてフラットな意識。検索ユーザーの気持ちになって考えてみてください。

例えば バナナ というキーワードで検索するユーザー心理を考えみてください。

検索とは基本的には疑問の答えをネット上で探す行為です。さてこのユーザーは何を知りたいのでしょうか?答えは?バナナの味?バナナの産地?バナナの旬?黄色い理由?

実は解らないですね!バナナとだけ検索したユーザーの気持ちなんて、僕らには勿論解らないし、Google大先生にも解らない。

知ってるのは検索したユーザーだけ。

ただ、それでもGoogleはその検索に対して最適解の答えを出す事が仕事です。では、そのためにGoogleが出来ることとはなんでしょうか?感のいい人ならもう解っているはずですね。

そう、全ての答えを記載したサイトを上位に表示させるという事。では全ての答えを記載したサイトはどうなるか?

必然的に長文にならざるを得ない。

つまり長文が有効という単純な話では無くて、ユーザーの問いに答えるサイトを作るために長文が必要という事です。

理由2 Googleの限界。内部SEOは加点方式

さて、先ほどはユーザー目線からのお話でしたが、今後Google目線というかシステム目線でのお話です。

内部SEOは加点方式。というお話。

Googleはあくまでも機械です。単語事の意味論、文法の正しさはまでは理解出来ても、全体としてその文章が良い文章なのか?悪い文章なのか?それを理解する事はできません。これは人間でも難し事で、見る人によって文章がの評価が変わるなんて事は良くある事です。

それでも順位を付ける事がGoogleのお仕事です。

そこでGoogleが内部の評価基準として採用出来ることは関連する言葉、ユーザーがセットで検索する言葉を抽出し、加点して行くという方法しか無いのです。

つまりその結果必然的に長文のサイトが評価されやすいというのは納得出来る話かと思います。

長文SEOの注意点

さて、ここまでの記事をしっかり読み進めて頂いた方には、答えだけでは無く、長文のサイトの方が上位表示しやすいという事を理由も含めて納得して頂けたかと思います。

しかし、実際にサイトを作るとなると理由では無く、『長文が大切』という答えばかりに意識を奪われしまい本質を忘れてしまいがちです。

いいですか?長文が大切なのでは無くて、検索されたキーワードで想定する答えに対して、漏れなく適切に答える事が大切なのですよ?

サイトを作る際はこれをしっかりと意識して作ってください。

例えば バナナ 通販 というキーワードであればユーザーにとってバナナの色の情報とかいらないですよね?だから闇雲に書けば良いというわけでは有りません。

長文はSEOで上位表示するにあたって有効なのか?まとめ

ユーザー目線とGoogle目線。二つの方向性から考えてみましたが、やはりGoogleの進化によって、ユーザーの利益を優先させる=上位表示。

という構図には徐々になって行っていると思います。ただ、それでもユーザーのために書けば良いんだ!とSEOの知識を蔑ろにする人とSEO、Googleの目線を考えてサイトを作る人ではは将来的な実力が全く違ってきます。

また、日々技術の限界に挑みながら、誰よりもユーザー目線の検索結果を目指しているのはGoogleです。そのGoogleの傾向を考える事SEOを考えるという事は、結果的にはユーザー目線を知る上で大きなヒントを得るという事に他なりません。

SEO=スパム。SEO=インチキ。確かにそういう一面も有りますし、Googleを欺して上位表示させる手法も管理人は大好きですが、そういう面だけでは無くSEOを考える事はアフィリエイトの本質を知る上でも非常に重要ですので、是非このサイトでしっかりとSEOを学んでほしいと思います。

アダルトアフィリエイトで稼ぐ。管理人佐藤。

The following two tabs change content below.

コメントを残す